黒絢のアヴァンドナー

一瞬を、その次の一瞬を
――あなたと生きるために

かつて地球と呼ばれ、今や灰色の荒野と化した世界。

企業戦争の爪痕が残り、大半の人類は
衛星軌道上にある境界面航空都市”ダグザ”へと移住した。


そんな残り火のような世界に、今も生きる者達がいる。

企業戦争の主力として用いられ、

その管理が放棄された後も製造され続けている生体兵器。

「アヴァンドナー」と呼ばれる少女達だ。

この物語は、戦うことしか出来ない、兵器として造られた少女達が生き抜くための物語。
ようこそ、かつて地球と呼ばれた荒野へ。

​―――​―――​―――​―――​―――​―――

★どんなゲーム?

 ただ、灰色の荒野が続いている。
 かつて都市と呼ばれていた場所、そして今や砕かれ、傾き、空虚な廃墟と化した場所。
 今そこに、斜塔と呼ぶには些か無骨なビルディングの屋上に、一人の少女が立っている。
 しかし、少女とは言うものの、その姿はどこか歪だ。
 遠くを見据え、細めた眼。そこには何かを待つような、待ち構えるような、強い意志が垣間見える。
 払い下げの軍服を改造したのだろうか、手製のミリタリーゴシックとでも言うべき衣装をまとい、右手には無造作に、抜身のカタナを携えている。
 鈍く光を反射する、黒の刃。刻まれた銘は「黒絢」。
 そして少女の腰より下、分厚い布地のスカートから覗くのは、鋼の脚。
 それも人のそれではない。通常とは逆向きの関節構造――否、それは鳥類の脚を模した脚部であった。
 ぱしゅん。
 少女が姿勢を変える。左足を半歩引き、背後を振り返る。脚部のシリンダーが、微かに音をたてた。
 振り返った先には、長大な機関砲を携えた少女が一人。年の頃は似たようなものだろうか。未だあどけなさの残る、しかしこの荒野によく似合う、何かの決意を固めた表情。
 カタナの少女と、機関砲の少女。
 二人は並び、立ち、遥か荒野の先を見据える。そうして、やがて――数秒の後。
「来たぞ、同業(アヴァンドナー)が」
 しかして、物語は始まる。
 これは、見捨てられた星、かつて地球と呼ばれた場所に今も生きる者達の物語。
 最前線に取り残された、造られた少女達の、生きるための戦いを描く物語である。

​―――​―――​―――​―――​―――​―――

★ダイアクロックマップを使った直感的な戦闘システム
 移動することが回避行動になる、新感覚のハイスピードな戦闘システムをお楽しみ下さい。


★判定ルール
 あなたは5発の弾丸を発射しました。
 ならば5個のダイスを振りましょう。
 直感的に分かりやすく、しかし奥深いルールをあなたに。

★回避!!
 本作に回避判定などありません。
 死にたくないのなら、立ち止まるな!!
 瞬間的な回避機動、ジグスラストがあなたの翼です。

 

★チャリス
 戦場に感情は必要ない。想いは迷いを生むだけ。――本当に?
 黒絢のアヴァンドナーの主役は、生体兵器ではあれど、確固たる感情をもった少女たちです。
 その感情に意味がない、などと誰が言えるのでしょう。
 チャリスとは、誰かを想う感情をしまった、心の器。
 あなたが地に墜ちそうな時、その感情が新たな回路をつなぐのです。

 

★敵――エグゾーストフォートレス
 かつて地上には、栄華を誇った文明が、都市があった。
 しかし奴らは、そんなものなど存在しなかったとでも言うように、手当たり次第に地表を採掘していく。
 企業の所有する大規模採掘兵器、エグゾーストフォートレス。

​―――​―――​―――​―――​―――​―――

黒絢のアヴァンドナー

著:瀧里フユ/どらこにあん

カバーイラスト:リウイチ

通販価格:1,500円

★通販ページ

コノス

こかげ書店

BOOTH(電子版)
 

​―――​―――​―――​―――​―――​―――

黒絢のアヴァンドナー
ミニサプリメント1.0「叡智と栄光」


著:瀧里フユ/どらこにあん

カバーイラスト:リウイチ

通販価格:500円(電子版のみ)

★通販ページ

BOOTH

©2014~  by どらこにあん