■『光砕のリヴァルチャー』の世界

 世界は、終わりを迎えました。

 永き戦争の結末は、生体兵器「ソラバミ」による地上全ての破滅――人類の敗北に終わったのです。


 それから640年後。
 人類は青空を奪われ、数少ない生存圏に分かれて暮らしていました。

 人類に残された希望は
「リヴァルチャー」
 かつて戦争に用いられた、パイロットとその無二のパートナーによる、ふたり乗りの人型決戦兵器です。

 空を取り戻すため、人々の希望を背に、​ふたりは
「灰色の荒野」を翔けます。

 

 GMひとり、プレイヤーひとり。

 ふたりで紡ぐ、終末世界のかけがえない日常とロボットアクション!


■このゲームの仕様

①遊ぶ人数
 

 進行役(ゲームマスター)ひとり、プレイヤーひとりの協力型ゲームです。
 ※本作ではゲームマスターをGMと略します。

 

 プレイヤーは人型決戦兵器「リヴァルチャー」のパイロットを、GMは一緒に乗ってサポートを行うキャラクターを作成し、ロールプレイします。

 同時に、GMはゲームの進行や、ふたりで戦う敵の運用も行います。

 ですがゲーム中、GMが敵の行動を「判断」することはありません。
 敵は状況で指定された通りにのみ行動するため、ゲームを通じてGMがプレイヤーの敵となることはないのです。

 ふたりで協力し、勝利を目指してください!

②プレイ時間の目安
 

 対面、または通話で遊ぶ場合、準備も含め1~2時間ほどを想定しています。

 テキストを使った形式で遊ぶ場合、その2~3倍はかかることを想定しましょう。
 プレイ時間は、ロールプレイの盛り上がり具合や、戦闘の状況次第で大きく変わるものなので、目安としてとらえてくださいね!

③用意するもの

・6面ダイス ひとり15個ほど

 ダイスを振る機能がついているアプリや、オンラインセッションツールを使用する場合、この準備は不要です。

・『光砕のリヴァルチャー』ひとり1冊
 ※このゲームを初めて遊ぶ方と一緒に遊ぶ場合、あなたがGMとしてちゃんとサポートしてあげるなら、相手がこの本を持っていなくてもOKです!

 

・シート類 各1枚ずつ
 プレイヤー用の
「シュヴァリエシート」
 GM用の「フィアンセシート
 戦闘時に使う「フライトレベルマップ
 ゲーム終了後にふたりで記入する「アーカイヴシート


 ダウンロードページから、PDFでもダウンロードできます!
 オンラインで遊ぶ場合は、ふたりが同時に見えるところにシートの内容を記載するなど、遊びやすい方法を試してみてください。

 

・シナリオとエネミー
 ゲームを遊ぶには、物語の基礎となる
シナリオ、そして戦う相手となるエネミー(ソラバミ)の用意が必要です。
 『光砕のリヴァルチャー』には2本のシナリオと、4体のソラバミが掲載されています。
 ソラバミのデータは、ダウンロードページ
からPDFでダウンロードできます!

購入リンク(Amazon)
版元リンク

Re_cover.jpg