3.リヴァルチャーができる行動


 リヴァルチャーは1度のターンに、ジアドエネルギーがなくなるか、ターンの終了を宣言するまで、エネルギーを消費することで何度でも連続で行動できます!
 自身のターンでできるのは、以下の3種です。

 

・ウェポンや特殊なクロニクルでの「アタック(攻撃)」
・2種の「ムーヴ(移動)」
・タイミングが「あなたのターン」である「アビリティ」

 アタックやムーヴは、基本的にエネルギーを消費します。
 アタックの詳細は、【アタック判定】もご確認ください!

EX.ソラバミによる《リアクションドクトリン》

​ リヴァルチャーによるアタックを受けたエネミーは、必ず毎回《リアクションドクトリン》を行います。
 《リアクションドクトリン》は複数設定されており、エネミーが移動したり、リヴァルチャーが強制移動されたり、場合によってはアタックを仕掛けてくるなど、内容は様々です。

 《リアクションドクトリン》によって状況が動くことで、プレイヤーは、常に次の行動を考えながら行動することになり、戦闘に緊張感が生まれる、といことです。

 同時に、自分が予測した通りにエネミーが動いたときの満足感もありますよ!
 
 《リアクションドクトリン》が実行されても、プレイヤーにその条件は公開されません。
(21/4/29追記)

4.ターンの終了


 ジアドエネルギーがなくなるか、もう行動に満足した、となったら、ターンの終了を宣言します。

 ジアドエネルギーは、機体に設定された初期値の倍まで同時に持つことができるので、次のターンに持ち越すために残す、という戦略もOKですよ!
​ また、リヴァルチャー・ソラバミともに、ターン終了時に「シールド耐久力」が初期値まで回復します。

revulture-r1.png

■ミッション(戦闘)の流れ

0.フライトレベルマップへの配置


 今回のエネミー(ソラバミ)が、フライトレベルマップに配置されます。
 プレイヤーはそれを受け、フライトレベルマップの1~12の任意のセルにリヴァルチャーを配置することができます。

1.リヴァルチャーのターン
  ジアドエネルギーの獲得


 リヴァルチャーの機体で定められた「ジアドエネルギー」の個数、ダイスを振ります。

 このダイスの出目が、そのままジアドエネルギーとしてセットされます。
 ※ダイスの出目は加算するのではなく、それぞれの出目のまま、「ジアドエネルギー置き場」にて管理します!

 

 また、リヴァルチャーが、「ターンの開始時」がタイミングのアビリティを持っている場合、使用の宣言は、ジアドエネルギー獲得の前に行います。(21/4/29追記)

2.《メインドクトリン》の内容の公開


 フィアンセが、今回のエネミーが自分のターンに行ってくる攻撃、《メインドクトリン》の内容を公開します(最初のターンのみ)。
 《メインドクトリン》は数種類あり、互いの位置関係や戦況に応じて、実行されるものは変動します。
 フィアンセは、現在リヴァルチャーが対象になっている《メインドクトリン》が何なのか、変わるたびに教えてくれます。

 《メインドクトリン》の内容以外の情報は、基本的に公開されません。
 エネミーのシールド耐久力やシールド枚数、ほかのドクトリンの条件や内容は、戦闘中の行動から類推していくことになります。
(21/4/29追記)

sorabami-dragon.jpg

■エネミーのターン

1.《メインドクトリン》を実行する


 エネミーのターン開始時に、条件に合致する《メインドクトリン》を実行します。

 《メインドクトリン》は、基本的にリヴァルチャーの【アタック判定】が行われ、その内容によっては追加効果が発生します。

 《メインドクトリン》は必ずどれかが実行されるように条件が設定されており、つまり、リヴァルチャーは完全に相手の攻撃を回避することはできません。

 ただし、ドクトリンの内容の強弱はあるので、うまく弱い攻撃の対象となるように動き回るのがポイントとなります!

★【WARNING!!】のあるドクトリン


 《メインドクトリン》の威力は、ドクトリンごとに違います。
 その中で、【WARNING!!】がついているものが一番強力なドクトリンです。

 【WARNING!!】の内容のドクトリンが実行されると、シールドが複数破壊されたり、不利な状況に追い込まれたりなど、厳しい展開になってしまうかもしれません。
 プレイヤーは、できるだけこのドクトリンの対象になったままエネミーのターンを迎えないようにしましょう!

2.《ジェノサイドドクトリン》の実行

 すべてのエネミーには、戦闘中に一回だけ使用できる大技、《ジェノサイドドクトリン》が存在します!

 《ジェノサイドドクトリン》は公開条件を満たすと自動的に公開され、他に指定されていない限りは次のエネミーのターンの、《メインドクトリン》の後に実行されます。

 この内容は、受けるとめちゃめちゃやばいものばかりです。
 しかし、《メインドクトリン》と違って回避したり、ダメージを軽減するための行動が可能になっているので、フィアンセから伝えられた内容をしっかり吟味し、行動を検討しましょう!

3.ターンの終了

​ 他に指定されていない限り、《メインドクトリン》を実行しえおたら、エネミーはターンを終了します。
 また、リヴァルチャー・ソラバミともに、ターン終了時に「シールド耐久力」が初期値まで回復します。

■ミッション終了条件

 リヴァルチャーかエネミー、どちらかの「シールド枚数」が0になったら、戦闘終了です。

エネミーもしリヴァルチャーのシールド枚数が0になってしまった場合、リヴァルチャーの敗北となり、ふたりは「ロスト」(行方不明)となってしまいます。