瞳逸らさぬイリスベイン
​Q&A

 記載されていること以外でお気づきの点があれば、お問い合せフォームよりご連絡ください。
 
個別へのお返事はできかねますが、今後の正誤表やQ&A作成の参考とします。

更新履歴

21/   11/ 10 更新

21/ 7/ 19 公開

―――――――​

●ルール

【Q.】PCアクションは「【律動】が0になる」ことを条件として終了するようですが、「【律動】が0だが、消費0で使用できるスキルがある」場合も終了となりますか?(21/11/10追加)


【A.】いいえ、【律動】0でも、行動可能であれば終了はしません。
 記述を修正しましたので、正誤表をご確認ください。

【Q.】エネミーのシーン開始の定義を教えてください。(21/11/10追加)
【A.】「カウント0:▼手順2.エネミーのエントリー」として最初に行う、「エネミーのコマを中央セルに配置する+その様子をRPする」ことが該当します。

●攻撃判定

【Q.】PCが領域やエネミーに対して攻撃判定をともなうアクトスキルを使用する際、目が合っていれば同一のセルに居なくても攻撃できますか?

 

【A.】いいえ、できません。

 使用するスキルの効果に別途書かれていない限り、攻撃判定は同一セルにいる対象にのみ行えます。

 エネミーや領域はこの限りではありません。

【Q.】《燃え立つもの》効果Ⅱや《許さない》などによる「常に与えるダメージが1点増加する」効果は、攻撃力が直接上がる効果ですか? それとも攻撃判定後に適用される効果ですか?(21/11/10追加)


【A.】後者の「攻撃判定後に適用される」効果となります。
 P56にある通り、【攻撃力】とダメージは別物なので、ご注意ください。

【Q.】攻撃判定で、目標値以下のダイスが0個だったとき、ギフト《並び立つもの》(p63)の効果などによってダメージは増加しますか?(この例の場合、ダメージが0ではなく1になりますか?)(21/11/10追加)


【A.】いいえ、なりません。
 攻撃判定の結果、全てのダイスが失敗ダイス(目標値以下でないダイス)だった場合、ダメージ自体が与えられない扱いになります。

こちらをより明確にするため、記述を追加しましたので正誤表をご確認ください。

●PCスキル

《許さない/エンバー》

【Q.】このスキルに記されている「常に1点増加する」という「1点」のダメージは、ルビーのギフト《燃え立つもの》効果Ⅱの「スキルによって与えるダメージ」という条件を満たしますか?(21/11/10追加)


【A.】いいえ、満たしません。
 《許さない》は、それ自体がダメージを与えるスキルではなく、他のスキルのダメージを1点増加させるスキルです。
 例えば、ルビーの復讐者がレベル1の《その時である》を使用した場合のダメージは、2(《その時である》のダメージ)+1(《燃え立つもの》の効果)+1(《許さない》の効果)で、合計4点となります。

【Q.】エントリースキルを複数取得していた場合、エントリーを宣言した時点で複数同時に使用することは可能ですか?(21/11/10追加)

【A.】はい、可能です。
 

【Q.】アクトスキルという括りには、各PCが自動的に取得するスタイルアクトも含まれるのでしょうか?(21/11/10追加)


【A.】はい、スタイルアクトスキルはアクトスキルに含まれます。

 

●エネミースキル
《死者は死なない/ベルトスクロール》
【Q.】このスキルで再配置した領域に消滅時効果があるとします。
 この際、このスキルによって領域の基本効果を適用し、その後領域を取り除く際に、消滅時効果は適用されますか?


【A.】いいえ、適用されません。取り除くと消滅は別の意味となります。
 消滅時効果は、領域が「消滅」したときのみ適用されます。



【Q.】目を合わせることで効果を発揮するエネミースキルは、どのように使用しますか?
 

【A.】これらのスキルは、基本的に、常に使用できることは想定していません。
 エネミーによるレスポンスや、キャラクターの目を変更する領域の効果、あるいはPCによるシフトやロールといった能動的な行動などによって、エネミーとPCの目が合っている状況が巡ってきた時に、さも「この時を待っていたのだ」とばかりに使用してください。