アンサング・デュエット
​正誤表
(エラッタ)

 『アンサング・デュエット』に、記述の誤りが存在したことが発覚いたしました。

 以下に該当箇所と、その正しい記述をまとめております。

 お手数をおかけしますが、ご確認の上、遊んでいただけますようお願いいたします。


 記載されていること以外でお気づきの点があれば、お問い合せフォームよりご連絡ください。

 個別へのお返事はできかねますが、今後の正誤表やQ&A作成の参考とします。

更新履歴

22/  5/30 更新

20/12/24 更新

20/11/  4 正誤表公開

―――――――

●P11 15行目
客観的に自分のキャラのとる構造を宣言する

客観的に自分のキャラのとる
行動を宣言する

●P45 変異への抵抗 2行目
ある程度は元とおりに

ある程度は元
どおり

●p119 変異への抵抗→ダイス1個分、変異を元に戻せる 8行目

ダイスの出目の個数までを選んで消去することができます。

合計でダイスの出目の個数までを選んで消去することができます。

▼電子世界のデッドリー生配信
●p172 結末の分岐 2~3行目

そのキャラクターは現実世界に帰ってくることができます。

そのキャラクターは
元のヴァーチャル空間に帰ってくることができます。

2ページでわかる『アンサング・デュエット』のルール

※皆さまからのご意見をもとに、よりわかりやすくルールをまとめるため表現などを修正しました。
内容を更新したデータはこちらからダウンロード可能です。

●p126 変異について 4行目(22/  5/30追加)

・「変異」の欄に、発生した変異の内容を書き込む

・同じフラグメントの「変異」の欄に、変異の内容を書く

p127 8~9行目(22/  5/30追加)

①パートナーの「変異」を1個消し、フラグメントの「忘却」のチェックを1個外す

①パートナーのフラグメントをひとつ選び、「忘却」のチェックを外して「変異」を消す

p127 変異への抵抗を行う 4行目(22/  5/30追加)

ふたりのフラグメントボックスから、その出目の数だけ任意の「忘却」のチェックを外し、同じ数だけ変異を消去する

ふたりのフラグメントボックスから、その出目の数だけ任意の「忘却」のチェックを外し、同じ数だけ変異を消去する(同じフラグメントでなくともOK)


▼ラビットランド
p192 結末の分岐 2~3行目

そのキャラクターは元のヴァーチャル空間に帰ってくることができます。

そのキャラクターは
現実世界に帰ってくることができます。


 

ふたりだけの幸せ
●P234  ナイフについての項目 1行目(20/12/14追加)
書斎にて獲得でき

ダイニングで獲得でき

●p237 ふたりとも失敗した 2行目

シフターかバインダー、それぞれのフラグメントボックスから

シフターバインダー、それぞれのフラグメントボックスから

▼『よめる』
●p246 判定(難易度:5) 最後の1行
マイルドな変異がおすすめします

マイルドな変異
おすすめします

▼ワールドセッティング「テラリウム・ハーヴェスト」

●p267 彼は異界にいる 6行目(22/  5/30追加)
それ事態も不明です。

それ
自体も不明です。

●カバー折り返し

・フラグメント効果 最後の1行
毎回同じもの選ぶことも可能です

毎回同じもの
選ぶことも可能です​